メモリーモーテル

ホテルライフを満喫するためにホテルの上級会員を目指してます。去年はIHGのプラチナアンバサダーを取得。今年はSPGのプラチナが目標(7月に解脱)。その他、SFCとJGC持ちで飛行機に乗ることも好きです。

【その他】星のや軽井沢に宿泊!


にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ
にほんブログ村


ちょうど一年前になりますが、念願の星のやに宿泊してきたので、そのレポートになります。私が泊まった2016年のホテルで個人的に1位のホテルでした。
※この時はまだホテル修行はしておりません。

駐車場に車を止めレセプションへ。すると先ずは小部屋へ通されウェルカム演奏です。独特の演奏。そこでウェルカムドリンクを頂きながらチェックインしました。おもてなしにのっけからびっくりですw

そしてこの車でお部屋まで送迎してもらえます。(施設の移動の際にも電話一本で来て頂けます。) 宿泊エリアは完全に隔離されており一般人は入れないようになってます。

以下HPより引用

星のやにはテレビがありません。
昨日までの忙しさを、すっかり忘れてしまえるように。

星のやの照明は、少し暗くしています。
自然の光の美しさに、きちんと気づいてもらえるように。

星のやのおもてなしは、地域ごとに異なります。
地元で生まれ育ったものを楽しんでいただくことが、
なにより贅沢だと思うから。

せわしない時間の流れから解き放たれる
世界にひとつだけの数日間。
圧倒的な非日常を、どうぞご堪能ください。

【目次】

お部屋

私が泊まったお部屋は水波というお部屋でした。

お部屋に入るとまたもスタッフさんが和菓子とお茶を用意してくださり、世間話などをしながらお部屋の説明をして下さいました。既に床暖房がついておりポカポカです。

玄関入って正面。

右にベット。

左は少し段差で下がったところにソファとテーブルです。

2つ上の写真の戸棚の中にはグラスや冷蔵庫がありました。モエがありました!


ソファからさらに奥に進むと洗面とお風呂、トイレがあります。洗面所。

アメニティ。

檜のお風呂。

部屋に戻って、ソファの横には空気清浄機。

部屋から出るとテラス席がありましたが、ソファも雪で埋まってました...寒くて撤収w 夏は良さそうですね。

お部屋からのビュー

ラウンジ

お部屋から出て少し歩いたところに別館があり、そこにラウンジがあります。こちらも当然ながら宿泊者のみ利用出来るので人が少なくて落ち着けます。

途中水辺から見たお部屋。


中はこんな感じです。ソファ中心に並んでいて、飲食するには適してないのかもしれません。

珈琲などは自由に頂けます。

ちょっとしたお菓子やクッキーなどもありました。


俗にいうカクテルタイムのお時間になるとお酒も提供されます。いいですね。

こちら吹き抜けになっており、下に夕食の会場も見えます。段々畑のような作りになってます。全面ガラス張りはトマムのレストランと似てると思いましたが、実際はこちらの方が先に建ってますね。

お風呂

宿泊者には専用のお風呂(源泉掛け流し)があります。星野やはトンボの湯が有名ですが、そちらはどなたでも利用出来る日帰り湯です。

メディテイションバスと言うことで瞑想がテーマになっており、光の湯と闇の湯がありました。闇の湯は洞窟の中にいるような真っ暗なお風呂で瞑想にはもってこいですが、他に人が入ってたらゴッツンコしちゃいそうでした。お湯の温度も38度くらいでじっと入るには適した温度になってます。


ヒーリング系の音楽が流れており、私も瞑想してみました(笑)



お食事

食事は村民食堂で頂きました。先ほどの車で送って頂けましたので、5分位で到着です。

こちらはどなたでも利用出来ますので観光客なども多く見られました。BARも併設されており、賑わっておりました。


朝食はお部屋で頂きました。和食と洋食を日替わりで。

以上、星野や軽井沢のレポートでした。圧倒的な非日常でかなりリラックス出来ました!しかし... iPhoneでの写真に限界を感じつつある昨今です。カメラ欲しいな...。

アクセス

最後にアクセスです。軽井沢駅南口から1日4本シャトルバスが出てます。お車ですと碓氷軽井沢ICから14キロですので30分位でしょうか。冬はスタッドレスが必要かもです。