メモリーモーテル アメックスとかホテルとか

一つ上のライフスタイルを目指して奮闘中。IHGのプラチナアンバサダー。SPGのプラチナ。SFCとJGC持ちで飛行機に乗ることも好きです。投資も少々。

【その他】外資系ホテルvs星野リゾート

スポンサーリンク

この↓ヤフーさんのタイトル付けはどうかと思いますが(笑)、星野さんの記事があって共感する部分が多かったので少し色々と考えてみました。

スタッフが嫌うのは酔っ払い。星野リゾートがこれほど支持される理由 (ホウドウキョク) - Yahoo!ニュース

インタビュアーがタケ小山さんってのがまた面白いんですよね。私はタケさんのラヂオをたまに聞くのですが、その博識ぶりには驚くばかりです(笑)


星野さんと言えば言わずと知れた星野リゾートの代表ですね。ホテル再生やその経営手腕が高く評価されている方です。日本のホテル経営の第一人者ではないでしょうか?私も大好きな経営者の1人です。

www.memorymotel-premium.com
www.memorymotel-premium.com

過去にはトマム(記事なし)、リゾナーレ、星のやに宿泊しました。


トマムのレストラン


さて、表題の外資系vs星野リゾートですが、私は最近はもっぱらSPGやIHGに泊まってましたが、星野リゾートとの大きな違いを感じるところと言えば「クラブラウンジ」の有無が大きいと思います。外資系は会員をステータスで分けてサービスに差を付けます。対して星野リゾートにはステータスなどはなく、多少(かなり?)予算を高く設定はしていますが、その空間にいる人全てに、差を付けずにホスピタリティを持って接している印象を受けました。星のや軽井沢のウエルカム演奏には感銘を受けました。


このどちらが良いか、とかはあまり考えてなくて、どちらも色があって良いなぁと思いますが、日本のホテルにも頑張ってもらいたいと言うのが正直なところです、やはり規模では欧米にかないませんので。


星野リゾートが出す大阪の新コンセプトホテルのブランドネームが10月に発表になるみたいなので、楽しみです。


そして、少し話が逸れるのですが、私は星野さんのこのフレーズに痺れました。

「欧米のホテルチェーンは“バリ人”のスタッフを労働力だと思っていますよね。私達はサービスのクリエイターだと思っています」


これを見たときに私はブログにおいてのハピ友の獲得やSPGアメックスの紹介が頭に浮かびました。


どういうことかと言うと、顔が見えない人に紹介してその後はやりとり一切ナシと、リアルな友達らに紹介し逐一情報交換し高め合う状態の差です。もちろんこのどちらも正解ですし、比べるものではないんですけどね(笑)


www.memorymotel-premium.com


で、私は、一緒に高め合う方を選択しました。まだまだ少ないんですけどねw


話が脱線しましたが、SPGも星野リゾートも良いところがあって、俺はプラチナだ!と大きな顔をするのではなく、そのホテルのコンセプトや歴史などを把握した上でうまく利用していけたらなぁと思います。例えば上級会員を維持するのに20万かかるならば、5万のお部屋をシーズン毎に利用する選択肢もあるかなと思います。